今にはじまった話題ではありませんが,統一されたルールが存在しないので「その場の決め」に左右されることが多すぎます。

職場関係の麻雀大会を行ったとき,偉い人から大会用のルールをテキストに簡単にまとめるよう指示されたことがあります。これも立派な業務命令なので,粛々と作成したのですが細かい確認事項が多すぎて,上司からは「麻雀オタクは面倒くせーな」という顔をされました。

「国士無双で暗槓の槍槓は認めるのか?」
「四槓子は雀頭をそろえる必要があるのか?」
「緑一色で發の有無を要件にするのか?」
「流し満貫を認めるのか?認める場合は和了とみなすのか?」
「七対子は25符2飜なのか50符1飜?」
「人和どうします?」

手役に関する決め事をざっと書き出すだけでいくらでも出てきそう。

だいたいは何となく優勢な決め事がありますし,四槓子の成立条件なんて決めておかなくても一生困ることはないのだろうけど,「その場の決めによる」というのはよろしくないなと思うわけです。

ちなみに件の麻雀大会は,お店のハウスルールに従うという方針になり,私が何時間もかけて用意したルールブックはシュレッダーに一発自摸されたのでした。

プロ団体の上部の方々にはいっこくも早く統一ルールを作っていただきたいと思うのです。


#目指せオリンピック競技化