興味深いニュース記事を目にした。


「爆打」の活躍を見ても分かるとおり,麻雀関連のAIもかなり発展しているんですね。

将棋や囲碁のようないわゆる完全情報ゲームと違って,麻雀という不確定な要素が多いゲームではAIの開発もそれ程活発ではないのかなと思っていただけれどそんなことはないみたいです。

大変残念なことですが,現状では麻雀というゲームには賭博のイメージがつきまといます。このため開発する企業も注力しにくい,あるいはメリットが相対的に乏しいなどと考えていたのですが。

こうした技術がどんどん進むことはすごく好ましいことだけど,近い将来,スマートグラスをつかってイカサマをやる輩が雀荘に現れるんじゃないかしらとよく分からない無駄な杞憂を抱えています。