麻雀界の片隅で圧倒的成長を願うOL

麻雀というゲームに魅せられた平凡なアラサーOLのブログです。麻雀の発展に貢献したいと,大それたことを切望しています。彼氏ができない言い訳として,牌と婚約中と言い張っています。 byさちこ(仮)

賭け麻雀を全面的に否定するわけではありませんが,大っぴらに賭けていることを公言するのは如何なものかと思っている今日この頃です。

個人的に印象に残った言い逃れをご紹介します。

「賭けないと本気にならない」
天鳳界隈では何千時間と麻雀に捧げている実力者がいらっしゃるのに,何の根拠もなく言い張るのはよろしくないと考えます。でもなぜか賭けないと本気になれない人って多いです。

「じゃあパチンコはどうなるんだ?麻雀も三店方式にしろ」
パチンコの功罪には言及いたしませんが,いい年をした大人が真顔でこのロジックを展開することが稀にあるので驚かされます。風営法を理解しましょうとは言いませんが,もう少し法律や世の中の仕組みに気を払ってもいいような気がします。

「賭けなかったらマージャンする人 どれくらいになるんだろうかという気もします」
某元市長さんの名言です。賭け麻雀の疑惑を指摘されて,弁明している一方で麻雀業界の来し方行く末を案じたご発言は印象的でした。一連の問題は批判されて当然ですが,深い麻雀愛を感じたので個人的には好印象です。

「賭博という意識はなく、小遣い銭で遊んでいるつもりだった」
某人気漫画家さんのご発言です。恐らくこの方にとって,リャンピン程度のレートは本当に賭博という認識はなかったんだろうと思います。


いつか賭け麻雀が合法になるか,それとも競技麻雀の認知度が今以上に高まるか,この両天秤でこのゲームの発展と願いつつ,私は麻雀オタクを続けていきます。


(おまけ)知恵袋で拡散される誤った知識…。

5599



このツイートの牌画は「麻雀の基礎力アップ」様(https://mahjong.org/training/)の機能を使って作成させていただきました

こんな便利なウェブサイトがあるなんてすごいなインターネット
今日は午前中のお仕事があまりなさそうなので,清一色力の向上に励もうと思っています( ˇωˇ )

今にはじまった話題ではありませんが,統一されたルールが存在しないので「その場の決め」に左右されることが多すぎます。

職場関係の麻雀大会を行ったとき,偉い人から大会用のルールをテキストに簡単にまとめるよう指示されたことがあります。これも立派な業務命令なので,粛々と作成したのですが細かい確認事項が多すぎて,上司からは「麻雀オタクは面倒くせーな」という顔をされました。

「国士無双で暗槓の槍槓は認めるのか?」
「四槓子は雀頭をそろえる必要があるのか?」
「緑一色で發の有無を要件にするのか?」
「流し満貫を認めるのか?認める場合は和了とみなすのか?」
「七対子は25符2飜なのか50符1飜?」
「人和どうします?」

手役に関する決め事をざっと書き出すだけでいくらでも出てきそう。

だいたいは何となく優勢な決め事がありますし,四槓子の成立条件なんて決めておかなくても一生困ることはないのだろうけど,「その場の決めによる」というのはよろしくないなと思うわけです。

ちなみに件の麻雀大会は,お店のハウスルールに従うという方針になり,私が何時間もかけて用意したルールブックはシュレッダーに一発自摸されたのでした。

プロ団体の上部の方々にはいっこくも早く統一ルールを作っていただきたいと思うのです。


#目指せオリンピック競技化



このページのトップヘ